熟睡できない人は、ベッドを壁から10cm以上離すべき理由

熟睡できない人は、ベッドを壁から10cm以上離すべき理由

熟睡できない人は、ベッドを壁から10cm以上離すべき理由の画像

平成29年「国民健康・栄養調査」によれば、40代の約半数で一日の平均睡眠時間が6時間未満と判明。さらに暑くなり寝苦しくなるこの季節、熟睡でき睡眠の質も上がる方法・グッズを大解明した!

◆温度、湿度、ベッドの位置etc.理想の寝室を徹底解明する

 睡眠環境においてまずチェックしたいのは寝室の温度だ。朝起きたときに寝汗をかいてしまっているとすれば、自律神経が体温調整のために活動していて、脳が休めていない。体温調整をうまくして、睡眠の質を上げるためにもエアコンの使用を推奨したい。

 その際に、温度だけでなく湿度にも注意が必要とは上級睡眠健康指導士の加賀照虎氏。

「夏場は湿度が高いと特に暑苦しく感じるので、部屋の温度は26℃、湿度は50%が最適です。お薦めはエアコンの除湿モード。就寝1時間前からつけっぱなしで稼働させておくことで、日中に建物に蓄積された熱も冷やされ快適に眠ることができます」

 快眠セラピストの三橋美穂氏は、快適な寝床内環境をつくるための6つの要素を挙げる。

「寝床内の快適な温湿度は『温度33℃±1℃、湿度50%±5%』と年間を通じて変わりません。それを部屋の温度、湿度、気流、寝具、着衣量、体質の6つの要素で調整する。例えば、夏場は冷房がしっかり効いた部屋で厚い布団をかけたり、冷房を適度に使いながら寝具と着衣量で調整したり、自分には何がベストか、6つの要素のバランスを見て探ってください。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)