トランプ再選を脅かす「ゲイ公言の若手」と「元検事の女性候補」

トランプ再選を脅かす「ゲイ公言の若手」と「元検事の女性候補」

トランプ再選を脅かす「ゲイ公言の若手」と「元検事の女性候補」の画像

◆20人超が民主党候補として出馬表明!

 ’20年の米大統領選まで1年半、早くも選挙戦が本格化している。6月18日にはトランプ大統領が再選出馬することを正式表明。「KEEP AMERICA GREAT!」のスローガンを掲げ、2万人の共和党支持者らの前で改めて“米国第一主義”を訴えた。が、目下注目を浴びているのは政権奪取を目指す民主党の候補者たち。過去最多の20人超が大統領候補を選ぶ予備選への出馬を表明しているのだ。

 米ニュージャージー州在住のジャーナリスト、冷泉彰彦氏が話す。

「アメリカの大統領選は2段式。来年1〜7月にかけて全米50州で行われる予備選で党の大統領候補が選出され、11月の大統領選に進む。その本選では有権者は各州の選挙人を選んで投票します。選挙人は共和党と民主党のどちらの候補を支持しているか事前に表明しているので、有権者は選挙人を介して間接的に大統領を選ぶわけです。

 このとき、州内で最多得票となった政党がその州のすべての選挙人を獲得し、全米で過半数(270人)以上の選挙人を獲得した候補者が大統領となる。だから、カルフォルニア州(55人)やテキサス州(38人)、フロリダ州(29人)などの大票田の獲得が非常に重要になるのですが、前回’16年にトランプ氏が獲得したテキサス、フロリダで支持率が低下していると報じられています。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)