ツイート3回のゴーンさんはOKなのに松重豊さんはダメ。TwitterやInstagramの認証バッジ問題

ツイート3回のゴーンさんはOKなのに松重豊さんはダメ。TwitterやInstagramの認証バッジ問題

松重豊さんのTwitter

◆〜柳谷智宣の「デジタル四方山話」第53回〜

 俳優の松重豊さんが、本人認証マークをもらえないため、TwitterとInstagramのアカウントを6月末で閉鎖すると宣言し、話題になっている。当然、ファンとしては驚きで、その怒りの矛先は両サービスの運営に向いている。

 そもそもTwitterは、2017年11月から認証バッジの新規リクエストを受け付けていない。本来、認証バッジは本人であることを示すものとなっているが、その運用目的から、アカウントには一定以上の影響力が求められた。その結果、認証バッジが付いているアカウントはTwitterに認められたようなイメージを一般に与えるようになってしまったのだ。

 なぜ、認証バッジの新規リクエストをTwitterは受け付けていないのか?

 それはヘイトスピーチを行うアカウントに認証バッジを与えていたため、Twitterそのものが炎上。TwitterのCEOやサポートアカウントは、この仕組みが混乱を生み出したことを認め、新規の認証を中止したのだ。これだけなら「単に認証の機能がなくなった」ということで済むのだが、話はこれだけでは終わらなかった。

◆認証バッジの新規リクエストは受け付けていないはずなのに…

 2019年4月3日、カルロス・ゴーンさんがTwitterアカウントを開設し、「I’m getting ready to tell the truth about what’s happening. Press conference on Thursday, April 11.」(私は何が起きたか真実を話す準備をしています。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)