八村塁の年俸は約5億円、未知なるルーキーが多額のカネを貰えるワケ

八村塁の年俸は約5億円、未知なるルーキーが多額のカネを貰えるワケ

画像:八村塁インスタグラム

日本時間6月21日午前、ゴンザガ大学の八村塁がNBAのワシントンウィザーズにドラフトで指名された。これがいかに凄いことなのかは、バスケットボールがニュースになることの少ない日本で、マスコミ各社がこぞって報道したことからもお分かりいただけるだろう。

 その中で、八村の年俸は4〜5億になると言われている。この額は、野球界を代表するバッターであるヤクルトスワローズの山田哲人選手の年俸に匹敵する。そんな額を、未知なるルーキーである八村はなぜ手にすることができるのだろう?

◆NBAの年俸のからくり…サラリーキャップってなに?

 まずNBAの年俸において知っておくべきはサラリーキャップという言葉だ。NBAは、金満チームだけが極端に強くならないよう、各チームが選手との契約に使うことのできる金額の上限に規定を設けており、これをサラリーキャップという。

 ではサラリーキャップの額は一体いくらなのか。実はこの額は毎年変動するのだが、今シーズンは1億190万ドルで日本円にすると約110億円(1ドル=107円で計算)となる。万が一その額を超えてしまい、さらにサラリーキャップより若干高い額で設定されるタックスライン(今年は約132億円)までをも超えてしまうと、事実上の罰金にあたるラグジュアリータックスという、巨額の追徴課税を強いられることになるのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)