「4回転モンスター」を捉えて「ゲッツ!」渡邉晴智 競輪平成後期のベストレース

「4回転モンスター」を捉えて「ゲッツ!」渡邉晴智 競輪平成後期のベストレース

開催前にダンディ坂野と約束「優勝したら『ゲッツ!』」を全うした渡邉晴智選手
写真提供/(公財)JKA

<平成ギャンブル名勝負第6回・競輪編2>

 31年に渡った平成時代のギャンブル名勝負を振り返るシリーズ。今回は競輪平成後半をお届けしよう。平成前半では中野浩一から吉岡稔真、神山雄一郎時代に移ろいだ平成前半の名勝負を取り上げたが、平成後半の競輪は短期間で大きな変化を繰り返した。だが、「変わらない仕事」もある……

 ベストレースの選者は前回にひきつづき、競輪ファンの父から強く影響を受け子供の頃から競輪に慣れ親しみ、平成の競輪をフルに見届けてきた人気競輪予想ブロガーの政春氏に伺った。

◆レースが変化しようとも喰らいついたベテラン渡邉晴智

<平成20年(’08年)3月23日・日本選手権(ダービー)決勝>

「大ギヤは疲れると言うけれど、踏みこなせたらスピード出るし最強じゃね?」

 山崎芳仁選手がこう言ったかはわからないが、それまで競輪界で主流だったギヤ倍数は3.57(※ペダル一回転で後輪が3.57回転する。一般的なママチャリで2.0程度。チェーンと連動するギヤの歯数を調整した結果は公表されて出走する)であった。そこへ山崎芳仁選手は3.71のギヤで平成18年(’06年)にG1初優勝、さらにはその後4.00以上の調整で走り出し、G1で活躍して「4ギヤ時代」が到来、競輪の競走形態が一変したのだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)