マジパンが初の大阪ワンマンライブ、全員汗だくパフォーマンスを披露

マジパンが初の大阪ワンマンライブ、全員汗だくパフォーマンスを披露

マジパンが初の大阪ワンマンライブ、全員汗だくパフォーマンスを披露の画像

7月6日、アイドルグループのマジカル・パンチラインが梅田Zeelaにて、初となる大阪ワンマンライブを開催。今年2月に加入した吉澤悠華、吉田優良里はワンマン自体が初、リーダーの沖口優奈は地元凱旋ライブということもあり、6人が気合の入ったパフォーマンスを展開した。

 チケットは前売り券で完売。東京公演にはなかなか足を運びづらい地方在住のファンにとっては待ちに待った大阪ワンマンで、会場の熱は開演前から高まっていた。

 16時半にライブの火蓋が切って落とされると、つめかけたファンの期待に応えるように、6人のメンバーたちは圧巻のスタートダッシュ。デビューの年から長く愛される「マジカル・ジャーニー・ツアー(’16年12月に発売した2ndミニアルバム『MAGiCAL MYSTERY TOUR』に収録)」をはじめとする5曲を、MCを挟まずに連続披露したのだ。

 この時点でメンバーもファンも既に汗だくで息も上がってる状態だったが、MCで沖口が「ただいま大阪―!」と声を張り上げると、ファンも「おかえりー!!」と全力で迎えて気合を再充填。超序盤から互いにテンションMAXで6曲目につないでいった。

 その後、衣装チェンジを経て、今年2月に発売して早くも神曲と名高い「Melty Kiss」ほか5曲と、ミニアルバム収録曲をメドレーで立て続けに熱唱した。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)