「庶民はiDeCoをやった方がいい」老後2000万円問題に向けたサバイブ術

「庶民はiDeCoをやった方がいい」老後2000万円問題に向けたサバイブ術

moto氏(左)と藤沢数希氏

6月上旬に発表されてからというもの、いまだ大論争を巻き起こしている「老後資金2000万円問題」。遠い先の話と思わず、今から対策を講じないと、老後を乗り切れないことだけは確か。ならば、どのようなアプローチがあるのか。

 蓄財に一家言を持つ気鋭の論客2人はどう考えているのか? 作家で投資家としての顔も持つ藤沢数希氏、本業+副業で年収5000万円以上を稼ぎ出す次世代型サラリーマンのmoto氏(以下、モト)の2人に老後に向けたサバイブ術について語ってもらった。

◆気鋭の論客2人がSPA!世代へ送る処方箋とは

モト:自分は今、32歳ですけど、麻生さんの老後資金2000万円発言について同世代は「そうなんだ〜」って程度の反応です。そもそも日本に期待してないっていうのもありますが、周りを見ても自己防衛している雰囲気もないですね。でも、正直言って国がいつ、どうなるかはわからない。自己防衛をしなくちゃ、っていうのは、僕は今後を生きるうえで鉄則だと思っていますけど。

藤沢:モトさんの場合、自己防衛は副業ですよね。アフィリエイトでしたっけ?

モト:転職情報のサイトです。恋愛なんかと同じで、転職って知見が共有されづらく、個人の体験談がすごく求められている分野じゃないですか。それで自分の転職経験がお金になると思ったんです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)