なぜ犯罪者はフィリピンに逃亡する? 待ち受けるのは悲惨な末路…

なぜ犯罪者はフィリピンに逃亡する? 待ち受けるのは悲惨な末路…

なぜ犯罪者はフィリピンに逃亡する? 待ち受けるのは悲惨な末路…の画像

7月7日、海賊版サイト「漫画村」元運営者の星野路実(ろみ)容疑者がフィリピンの入国管理局に拘束された。漫画村にアップロードされた膨大な漫画は、著作権の問題や出版社が刑事告訴するなど注目を集める事件となっていたため、このニュースはセンセーショナルに報じられた。だが、同時に多くの人が疑問に思ったことだろう。

 ――どうしてフィリピンなのか?

 星野容疑者は、フィリピンの首都マニラの歓楽街エルミタ地区に滞在していたという。今年1月には、積水ハウスを狙った地面師詐欺事件の主犯のカミンスカス操(みさお)被告が、逃亡先のフィリピンで拘束された。覚せい剤取締法違反容疑で逮捕状が出ていた元グラビアアイドルの小向美奈子が一時逃亡していたのもフィリピンだったし、六本木クラブ襲撃事件の主犯とされる見立真一容疑者もフィリピンに逃亡したとされている。犯罪者がフィリピンを選ぶのは、いったいどうしてなのだろうか。

◆なぜ犯罪者はフィリピンに逃亡することが多いのか?

 すぐに思い浮かぶのは、安い物価と警察や役人に賄賂が通用しそうな緩い国というあたりだろうが、これは大いなる“誤解”である。

 物価が日本の三分の一と言われるフィリピンだが、それは底辺コミュニティやローカルの屋台や食堂を軸に暮らした場合である。実際にまともに暮らすとなると、日本とさほど変わらない生活費がかかる。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)