40代転職で選びたい勝ち組業界・入ると大変な苦境業界

「中高年の転職者にはチームのマネジメントや、専門的な財務スキルなどが求められています。新しいことに挑戦したい人には向いていますね」(小林氏)

●プログラミング
5G回線やAI、ロボット、自動運転などの時代が到来するとみられているが、これらはすべてにプログラミング技術が関係している。需要は今後さらに拡大していくとみられ、死ぬまで食える職種として有望視。今からでも遅くない

●人材紹介
解雇規制の緩和を進める声が高まっており、今後はさらに転職市場は活発化するとみられている。「今後増加する中高年の転職希望者と同じ目線で話ができることが40代の強み。『若い人に話を聞かれたくない』人もいますから(小林氏)

◆入ってもあとが大変、苦境の業界

 一方、入ってもあとが大変な、苦境に立たされている業界は? 斜陽業界や閉鎖的な業界が選ばれる結果に。

●教育
18歳以下の人口が減り続けるなか、ビデオ録画を使ったオンデマンド授業が急増中。「人気講師でない限り、塾講師としての需要は今後下がり続けるとみられ、経営側に回らないと低賃金の不安定雇用が続くことになる」(小林氏)

●介護
慢性的な人材不足に陥っている業界で、採用のハードルは低いが、「肉体的・精神的にキツく、低賃金重労働を余儀なくされるため、離職率も高い」(小林氏)。

関連記事(外部サイト)