“日本一ヘタな”「ラブユー東京」を唄う理由「白と黒とハッピー〜純烈物語」<第2回>

“日本一ヘタな”「ラブユー東京」を唄う理由「白と黒とハッピー〜純烈物語」<第2回>

“日本一ヘタな”「ラブユー東京」を唄う理由「白と黒とハッピー〜純烈物語」<第2回>の画像

‘18年大晦日に「紅白歌合戦」出場を果たし「紅白に出て、親孝行」という念願が成就。この世の春を謳歌していた、ムード歌謡グループ・純烈。しかしそのわずか9日後に発覚したメンバーの不祥事で事態は暗転、グループ存続の危機に立たされた。

 純烈を結成、リーダーそしてプロデューサーとして苦労の日々を重ねてきた酒井一圭は、元々子役として芸能界にデビューし、戦隊ヒーロードラマなどで名を刻んだものの、その後鳴かず飛ばずとなった過去を持つ。後にプロレスと出会い、実際にリングに上がることで、その表現方法を純烈に昇華させている。その類まれな“人間力”はどこから生まれたものなのか。酒井本人やメンバーの現在と過去を行き来しながら、純烈の裏側を紐解くノンフィクション新連載―――酒井とともに「マッスル」に浸かってきたプロレスライター・鈴木健.txtが緻密な筆致で迫る。

◆「白と黒とハッピー〜純烈物語」<第2回>

ムード歌謡と言葉によるジャズのセッション
CDでは味わえぬトークというコンテンツ

 酒井一圭が「ここで発表事があります」と口にしたのは、ライブの終盤に差しかかったあたりだった。改まった言い回しをされるとファンはドキッとするもの。ましてや5か月前にメンバーの脱退があったばかりとなると一瞬、身構えてしまう。

 そうはさせないよう、酒井はすぐにくだけた口調へとチェンジし3人のメンバーに言葉をトスしていく。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)