グラドルから台湾女優に転身した大久保麻梨子「日台の架け橋になりたい」

グラドルから台湾女優に転身した大久保麻梨子「日台の架け橋になりたい」

グラドルから台湾女優に転身した大久保麻梨子「日台の架け橋になりたい」の画像

18歳のとき、パチンコ「海物語」シリーズのキャンペーンガール「ミスマリンちゃんを探せ!!」オーディションでグランプリを獲得し、「初代ミスマリンちゃん」に選出。その後も、多数の雑誌の表紙を飾るグラビアアイドルとして活躍した大久保麻梨子さん。そんな大久保さんは今、台湾に移住して結婚、台湾で女優として大活躍中で、今後は日本での活動も再開するという。なぜ海外移住したのか、今後の目標は何か。日本を代表する台湾女優・大久保麻梨子を直撃した。

――以前は日本でグラビアアイドルとして活動されていた大久保さんですが、台湾に移住したきっかけは何だったのですか?

大久保:子供のころからお芝居をしたいという憧れがあって、2008年の23歳のころ、年内にグラビアを卒業すると自分で決めたんです。それで空いた時間にいろいろな舞台や映画などの作品を見ていたら、「こんなにすごい人たちのなかで、私には生き残っていく武器も特色もないし、女優としての経験値も持ち合わせていない」と感じ、ふと思い立って一人で台湾に渡ったんです。2010年、26歳のときでした。

――なぜ台湾だったんですか?

大久保:語学は大好きで、それまでスペイン語や韓国語を勉強したことはあったのですが、中国語はなかったから中華圏に行ってみようと思って。

――単身で訪れた台湾はどうでしたか?

大久保:せっかく行くなら現地の人と話してみたいと思って初級者の本を1冊丸暗記したんですけど、中国語って発音がめちゃくちゃ難しくて。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)