「楽天」に未来はあるか?もはや通販の会社ではない/馬渕磨理子



 楽天有価証券報告書より作成。のれんは、企業買収時の取得原価から、減損損失累計額を除いて測定

【楽天ののれんの推移】

2013年1078億円
2014年1422億円
2015年3636億円
2016年3694億円
2017年3584億円
2018年3568億円

 のれんの額が年々増加しているのがひと目でわかりますよね。

 この「のれん」、買収した事業がうまくいっていない場合は、PLに減損処理(減損処理とは、M&Aの効果が想定よりも得られない時に行います)を計上しなければならないのです。

 しかし、その後の楽天の業績は順調に回復しています。

 2017年度一期目には純利益を黒字に戻し、減損損失計上の額も2017年時点では、ほぼなくなったことから利益を押し上げています。「のれん」の額は年々増加していますが、減損損失は抑えられているのです。

 ここから先は、買収事業と、既存の事業とのシナジーが強化されことによる快進撃が期待されます。具体的に言えば、好調な楽天証券や楽天銀行と、買収したフリマアプリ「フリル」とのお金の連携はすぐに思い浮かぶでしょう。

 PLとBSを見るだけで、ここまで企業のイメージは変わるもの。

関連記事(外部サイト)