警察がアダルト動画配信を一斉摘発。基準は性表現よりお金!?

警察がアダルト動画配信を一斉摘発。基準は性表現よりお金!?

※写真はイメージです

ネット事業者「FC2」が運営する動画配信サイトを利用していた男女13人以上が6月26日までに、全国で一斉逮捕された。ライブ配信は「公然わいせつ」(刑法174条)にあたり、録画動画配信は「わいせつ物頒布等」(刑法175条)にあたるというのが逮捕容疑だ。逮捕者のなかには、ユーチューバーとして人気の女性も含まれていた。

◆警察が摘発する際の判断材料はその金額!?

 なぜ警察は、一気に摘発を行ったのか。セックスワーカーとして働く人々の安全と健康に関わる活動を行う「SWASH」代表の要友紀子氏は、同時にいくつかの動きがあると分析する。

@全国の警察本部にAV出演強要問題の専門官を配置

A内閣府男女共同参画局の音頭で毎年4月「AV出演強要・『JKビジネス』等被害防止月間」を制定

B厚労省「困難な問題を抱える女性への支援のあり方に関する検討会」で売春防止法改正の議論が浮上

C東京オリンピックを前にした、性に関する活動を取り締まる動きが現れつつある――。

 加えて、性風俗店が求職者の面接をしただけで、職業安定法で摘発されたという事件もあるという。

「いつでも誰でも、摘発されるときは摘発される。今までできたことがやれなくなってしまうかもしれない……という段階になろうとしています」と語る。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)