今、「京アニ」のためにできること。事件の影響は計り知れないほど甚大

今、「京アニ」のためにできること。事件の影響は計り知れないほど甚大

京アニ放火 技術継承に懸念

今、「京アニ」のためにできること。事件の影響は計り知れないほど甚大

今、「京アニ」のためにできること。事件の影響は計り知れないほど甚大の画像

◆平成以降「最悪」の放火大量殺人

「京アニさんの作品が大好きで、セリフを覚えるくらい何度も見ています。皆さんの心と体、そして、命ともいえる作品たちの無事を心から祈っています」

 7月18日、日本アニメの「聖地」が黒い煙に包まれる映像が繰り返しテレビに映し出され、ツイッター上には、数え切れないほど多くの悲痛な書き込みが溢れた……。

涼宮ハルヒの憂鬱』や『らき☆すた』、『けいおん!』など、社会現象を巻き起こすほどのメガヒット作品を数多く手掛けてきた「京都アニメーション」。その制作の最前線といわれる第1スタジオ(京都市伏見区)が、一瞬のうちに焼け落ちてしまった。

 死者、重軽傷者、共に34人。

 建物内に侵入した男は、持ってきたガソリンをエントランス付近に撒き散らし、「死ね」と叫びながら多目的ライターで火を放ったという。犯行時間はわずか1分。京都府警が現場近くで身柄を確保した青葉真司容疑者(41)は、ほかにも複数の刃物やハンマーを持ち込んでいたことがわかっており、当初、警察官の問いかけに「小説を盗んだから放火した」などと答えていたという。

 現在、容疑者自らも全身熱傷で意識不明の重体だというが、日本アニメ界のエポックメイカーとして世界中のファンから愛されてきた京アニが、なぜ、このような理不尽な凶行に巻き込まれなければならなかったのか? 『カオスアニメ大全』などを手掛け、週刊SPA!「エッジな人々」でも『涼宮ハルヒの憂鬱』を監督した石原立也氏にインタビューを行ったライターの久保内信行氏が話す。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)