心霊スポットで有名な廃墟に行ったら……次々と災いが襲い掛かってきた

心霊スポットで有名な廃墟に行ったら……次々と災いが襲い掛かってきた

一帯にはこうした廃墟がいくつもあるとか※西川さん提供

どの地域にも1つや2つは存在する心霊スポット。

 実際にオバケが出るのかどうかは別として、こうした場所に友人たちと肝試しに行ったことがある人も多いのではないだろうか。

◆お盆休みに友人と“最恐スポット”と名高い廃病院を探索

「若いころ、心霊スポットや廃墟にハマっていた時期があり、マニア向けのサイトなどで情報を集めては毎週のように友達と出かけていました。地元のスポットはほぼ制覇してしまい、旅行を兼ねて地方にもよく遠征していました」

 そう語るのは、運送会社社員の西川成樹さん(仮名・32歳)。いわゆる霊感などと呼ばれるものはなかったそうだが、一度だけ“強烈な体験”をしたことがあるとか。

「就職して初めて迎えた20歳のお盆休みに中学時代の友人2人と山奥の廃病院に行ったときの話です。そこは誰も住んでいない閉山になった炭鉱街にあって、ネット上でも最恐スポットのひとつに挙げられている場所でした。ほかにも廃墟がいくつも残っていることを知り、その旅で一番楽しみにしていました」

 ただし、訪れたのは夜中ではなく昼間。同行した友人が廃墟を撮影するのが好きで、写真を撮りやすい日中を希望したからだ。

 廃病院には宿泊先のホテルから車で1時間ほどで到着。最盛期には1万2000人が暮らしていたとは思えないほどの静寂に包まれ、民家もまったくなかったそうだ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)