ホームから改札まで徒歩20分…日本一のモグラ駅に行ってきた

ホームは端から端までかなりあったが、現在は長い編成の車両は停車しないのか途中から先はフェンスで立入禁止になっていた。

 しかし、それにしても寒い。トンネル内なので当然といえば当然だが、真夏なのが嘘のようだ。普段は暑がりの筆者だが、このときは上着を持ってこなかったことを後悔してしまった。

 地下ホームからはひたすら階段を上っていかなければならないが、改札まではなんと462段! スタート地点にあった看板には「所要時間は約10分」とあったが、この段数を考えるとその時間で着けるのかは正直疑わしい。

 よく見ると、階段の横には幅2メートルほどの溝があるが、当初はここにエスカレーターを設置しようとしたのだろうか? 1日14〜24人という駅の利用状況(※『群馬県統計年鑑』の2000年以降のデータより)を考えれば、採算に見合わず導入しなかったのも納得できる。

 だが、自分の足で462段の階段を上るのはやっぱりキツい。体力的なこともさることながら薄暗くて壁のいたるところにシミがある階段のトンネルはどこか薄気味悪く、1人だと正直ちょっと怖い。

 途中数か所で休めるようにベンチが置かれており、休憩しながら上って20分かけてようやく改札に到着。トンネル内に比べるとさすがに暑いが、土合駅の駅舎があるのは海抜663メートルの高地。

関連記事(外部サイト)