日向坂46、真夏の夜の屋外ステージは「日が暮れても会場が空色に染まっていた」

日向坂46、真夏の夜の屋外ステージは「日が暮れても会場が空色に染まっていた」

日向坂46、真夏の夜の屋外ステージは「日が暮れても会場が空色に染まっていた」の画像

―[TIF2019]―

 真夏の夜の屋外ステージ「SMILE GARDEN」は、集まった多くの観客の持つペンライトによって、“空色”に染まった――。

 8月2日(金)から3日間行われる「TOKYO IDOL FESTIVAL2019」(以下、TIF)の2日目、「SMILE GARDEN」のトリとして日向坂46が出演した。今年の3月までは、欅坂46の妹分、けやき坂46(ひらがなけやき)として活動していた彼女たち。日向坂46へ改名後は初のTIF出場となる。

 このグループにとってのTIFは、毎年の成長の証を見せる舞台となってきた。’17年には欅坂46と共に初出演を果たしたが、憧れのステージに立てたにもかかわらず、ふがいない出来だったと感じており、その後の控室では、キャプテンの佐々木久美が涙を流して「危機感を持たないとヤバイよ」とメンバーたちを鼓舞したというエピソードがある。

 ’18年にはグループ単独で初出演、初日メインステージのトリを飾った。この年には、武道館の3days公演やアルバム発売、冠番組の放送開始、初の舞台出演など、多岐にわたる活動により経験値を増やしていた。TIFでも堂々のパフォーマンスを見せ、完璧なリベンジを果たしたのだった。

 そして、今年。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)