甲子園に出場していないプロ野球の投手は? 内海哲也は仲間の不祥事で出場辞退…

甲子園に出場していないプロ野球の投手は? 内海哲也は仲間の不祥事で出場辞退…

甲子園に出場していないプロ野球の投手は? 内海哲也は仲間の不祥事で出場辞退…の画像

高校3年間1度も甲子園出場を果たせなかったものの、現在は大活躍を見せているプロ野球選手。

 今回はそんな“えっ、あの人甲子園に出てないの?”投手編をお届けする。

◆広島東洋カープ 床田寛樹(大阪府・箕面学園卒)

 今シーズン、広島投手陣の屋台骨を支える活躍を見せている床田。2016年のドラフト3位で中部学院大から入団した大卒投手なのだが、では高校は? というとなんと激戦区大阪の無名校・箕面学園だった。

 ’10年に入学するとその秋にベンチ入り。翌年の2年夏の予選から背番号1を背負ったが、その夏、そして2年秋と大阪府大会では上位進出は果たせなかった。最後の3年夏は2回戦の大阪園芸との試合で被安打5、13奪三振の無四球完封勝利を飾ったが、続く3回戦で豊中の前に3-4でサヨナラ負けを喫している。

◆読売ジャイアンツ 菅野智之(神奈川県・東海大相模卒)

 今や日本最強のエースとも言える菅野の母校は東海大相模。同校は県内きっての強豪校なので、3年間で最低1度は甲子園出場を果たしていてもおかしくはない。実は2年時の’06年春の選抜にチームは出場しているのだが、このときはベンチ入りメンバーから漏れてしまっていた。その悔しさをバネに同年夏の県予選ではベンチ入りを果たし、チームも決勝戦へ進出。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)