親のスマホのパスワードは知ってますか? 亡くなったら大変なことに…

対応するデジタル遺品会社自体少なく確実に成功するとは限りませんし、成功報酬も平均20万円超と安くない」

 死後は被害の把握も、対処も難しいデジタル遺品。今後はますます注意が必要だ。

「キャッシュレス化の促進、情報銀行の創設、アプリによる治療推進で、スマホに蓄積される個人情報や資産が増えるのは確実です。しかし、キャリアもスマホメーカーも死後対応には積極的ではなく、ロックされると手出しできない状況は変わらないと思われます。パスワードは生前に書き出して、保管しておくことを強く勧めたいです」

 デジタル遺品を無事“成仏”させるため、生前に“お札”を用意してもらおう。

【古田雄介氏】
デジタル死生ライター。元葬儀社勤務の記者として、長年終活事情を取材。10年前からデジタル遺品の調査を続けている。著書に『ここが知りたい! デジタル遺品』(技術評論社)

―[老親のお金を守れ!]―

前へ 1 2

関連記事(外部サイト)