神足裕司さん、車椅子のハワイ旅。VRで思い出の書店へ「幸せすぎて泣いた」

神足裕司さん、車椅子のハワイ旅。VRで思い出の書店へ「幸せすぎて泣いた」

神足裕司さん

7月上旬、コラムニストの神足裕司さんはハワイ旅行を実現した。要介護5、車椅子での旅行である。
 週刊SPA!の連載陣だった2011年9月にくも膜下出血で倒れ、2016年には大腸がんも見つかって、入退院を繰り返している神足さん。

 今回のハワイ旅行で、神足さんには、「やりたいこと」がいくつかあった。それは、「ビーチ行きたい」「花火を見たい」「プール入りたい」「ピクニックをしたい」「バスケットをやりたい」など。一見、他愛もないことだけれど、決して簡単なことではない。

◆思い出の書店に、VRカメラで“入店”する

 でも、こうした「やりたいこと」のほとんどを、いろいろな人が実現させてくれた。そして、「技術」が叶えてくれたこともあった。

 神足さんの「やりたいこと」のひとつが、カイルアにある「ブックエンズ(Bookends)」に行く、というもの。ハワイに来たときは必ず訪れていた本屋さんで、毎回、神足さんと2人の子供たちは大量の本を買い込んでいた店だ。

 しかし、店内は狭く、通路に本は山積み。入り口近くまでは入れても、とてもとても奥まで車椅子で入れる店ではない。そこで活躍したのがVRカメラだ。

「登嶋さんが店内に360度カメラをセットしてくれて。撮影した店内の映像を、裕司が店の外でVRヘッドセットを通じてチェックすることができたんです。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)