年収240万円から副業年収4000万円に。サラリーマン向けの副業をプロが紹介

年収240万円から副業年収4000万円に。サラリーマン向けの副業をプロが紹介

年収240万円から副業年収4000万円に。サラリーマン向けの副業をプロが紹介の画像

サラリーマンという言葉が生まれて以来、これほどまでに将来不安が膨らむ時代があっただろうか。「老後2000万円問題」に象徴されるように、定年後など悪夢しか描けないような状況だ。漠然とした将来不安を解消するタネは、会社でなく自分のなかにこそある。副業を通じて「1社に依存しない」というキャリアを実践している人々は年々増えている。これからの時代に求められる生き方を考えてみよう。

◆副業年収4000万円を稼ぐ「次世代型サラリーマン」の哲学

 終身雇用が崩壊し、大企業では40代半ばでの早期退職募集が続出。さらに「老後2000万円問題」に象徴されるように、定年後など悪夢しか描けないような状況だ。

「これからは会社も組織も安定を保証してくれません。自分の身は自分で守るしかない。まずは『会社にキャリアを用意してもらう』とか『給料はもらうもの』という従来の考え方を捨てることです。令和時代は『キャリアを自分で取りにいく』『副業を通じて自分でお金を稼ぐ』といった考え方が必要。そうして“個人で稼ぐ力”を得ることが、サラリーマンにとって本当の安定に?がると思います」

 そう話すのは、SNSを中心に独自のキャリア論で人気を博し、著書『転職と副業のかけ算』がヒット中のmoto氏だ。新卒で地方のホームセンターに年収240万円で就職してから、32歳までに4度の転職を経験。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)