香川県の「津島ノ宮駅」は1年でたった2日だけ営業 津島神社の夏季大祭のための臨時駅

香川県の「津島ノ宮駅」は1年でたった2日だけ営業 津島神社の夏季大祭のための臨時駅

記事まとめ

  • 香川県三豊市にある「津島ノ宮駅」は、1年でたった2日しか営業していない
  • 利用できるのは毎年8月4日と5日だけ、その珍しさもあって鉄道ファンにも人気がある
  • 250メートルの沖合に浮かぶ「津島神社の本殿」に立ち入れる日にのみ営業する臨時駅

1年でたった2日しか営業しないJRの駅。そのワケとは?

1年でたった2日しか営業しないJRの駅。そのワケとは?

橋の上も参拝客で大行列

鉄道やバスなどの公共交通機関は基本的に年中無休。当然、についても同様だが、実は1年でたった2日しか営業していない鉄道駅が存在する。

 それが香川県三豊市にある「津島ノ宮駅」だ。

◆神社の祭事に合わせて駅も営業

 この駅を利用できるのは毎年8月4日と5日だけ。その珍しさもあって鉄道ファンにも人気があり、筆者も夏休みを利用して津島ノ宮駅に行ってきた。

 朝7時過ぎの高松行き快速列車に乗って岡山から瀬戸大橋を超え、四国に入ってすぐの宇多津駅で乗り換えて1時間半ほどで到着。混雑を少しでも避けようと朝方の列車に乗ったが、宇多津駅から津島ノ宮駅へ向かう3両編成の列車は通勤ラッシュ時の埼京線を思わせるほどの大混雑。

 そのほとんどが津島ノ宮駅へ向かう乗客だった。

 とはいえ、鉄道ファンはあくまで一部で、乗客の大半は駅のすぐそばにある津島神社の夏季大祭に参拝するのが目的。250メートルの沖合に浮かぶ、「津島神社の本殿」に立ち入れる日に合わせて営業する、臨時駅というわけだ。

 線路に沿ってカーブしている津島ノ宮駅は列車とホームの間のスペースも広く、段差もあって注意しないと転んでしまいそうなほど。乗降客を誘導するためか各ドアの出口にJRの職員が1人ずつ付いていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)