安倍総理がじきに歴代1位の在任日数に。何の冗談なのか?/倉山満



 自民党は1955年の結党以来、わずか4年の例外を除き、政権を独占してきた。

 この党は最初、「日米安保体制と資本主義を守るならば、誰でも入れる」と、懐が広い政党だった。共産主義のソ連に対抗するためにアメリカのCIAが作った政党だから、こうなった。そもそもが、何でもありの、実にいい加減な政党なのである。

 その二つすら、田中角栄が中国共産党と手を組んでからは、いいかげんになった。それでもバブルまでは、「国民に飯を食わせる」という存在意義はあった。経済政策だけはマトモだったのである。

 ところが、バブルが崩壊し、長期デフレに突入すると、何の為に存在するのかわからなくなったが、他に代わる政党もなく、惰性で政権の座に居座った。

 安倍内閣は、アベノミクスで緩やかな景気回復は実現してきたが、今後はそれもなくなる。

 このような体制を放置すれば、どうなるか?

「野党に政権を渡せば、東日本大震災で無能をさらけ出して国民を地獄に叩き落した、菅直人内閣みたいになるぞ」と、自民党は脅してくるだろう。現に幹部が、「選挙で自民党に投票しなければ予算を付けない」と放言している。

 今の野党、特に枝野幸男立憲民主党代表などの顔を思い浮かべれば、まさか野党に投票する訳にはいかない。

関連記事(外部サイト)