「高速音読」は頭がよくなってコミュ障も改善? 速読芸人・ルサンチマン浅川

「高速音読」は頭がよくなってコミュ障も改善? 速読芸人・ルサンチマン浅川

速読芸人・ルサンチマン浅川氏

溜めこんだ仕事の書類、買ったはいいが、なかなか読めずにいる“積ん読”の山……そんな、悩める諸氏に朗報。専門家たちによると、速読を習得するのは、本質を押さえれば意外と簡単。しかも、読書スピード以外の能力の“おまけ”もついてくるというのだ。速読を極めて、人生を加速させよう。

●速読芸人・ルサンチマン浅川氏――本名・浅川渉。徳島県出身。早稲田大学社会科学部卒業。’04年に「ルサンチマン」結成、’06年にM-1グランプリ準決勝進出。能力開発が趣味で、日本で唯一の「速読芸人」を自称

◆速読蔵書200冊!独自の勉強法で一日20冊を余裕で読破

 中学時代に『スーパーエリートの受験術』という書籍の中で紹介されていた速読本を購入して以来25年、速読にハマり続けている「速読芸人」ことルサンチマン浅川氏。セミナーなどには一切参加せず、独自で研究を重ねているというだけあって、速読本の所有数は200冊超。恐らく日本では右に出る者はいないだろう。

 速読の近代史にも詳しいとのことで、下記の年表は浅川氏に作成してもらった。

<速読近代史>

1962年 『速読術』(馬淵時彦・藤田拓司著)出版。日本初の速読技術書か

1969年 『速読法情報化社会へのパスポート』(佐藤泰正著)刊行

1970年後半 韓国より『キム式速読術』、『パク式速読術』が輸入される

1980年代 第一次速読ブームへ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)