駅前で名刺交換させる新人研修はパワハラ?世代別で大違い、パワハラ研修の境界線

駅前で名刺交換させる新人研修はパワハラ?世代別で大違い、パワハラ研修の境界線

※画像はイメージです(以下同)

先日、「駅前で新卒の女の子に名刺交換を求められた」という趣旨のツイートが「このような社員研修はパワハラではないか?」と大きな反響を呼んだ。

<川崎駅前で、突然新卒の女の子に名刺交換を求められて、「こんな事を新卒にやらせる企業は、やめたほうがいい」って伝えたら、その場で泣かれてしまった…。曰く、同期も日に日に減ってきていて、上司は入社後、徐々に怖くなっていってるらしい。許せなかったので、迷惑行為として通報しました>

<勿論、通報したのは女の子の所属してる企業を聞き出して、企業を通報しました。女の子は、今月中に辞めるそうです。もしこのツイートを見ている駅前で名刺交換やらされてる人がいたら、いますぐそんな会社辞めていいと思う。街頭の名刺交換で得られるスキルに、価値なんてないよ!>

 ツイート主のおばけ3号さん(@ghost03type)に当時の状況を聞くと、彼女が声をかけてきたときには「すでに涙目だった」という。

「正直、善悪や適切・不適切のわからない若者に対する冒涜だと思いましたね」

 おばけ3号さんは、このような研修に対するアラートを目的にツイートしたそうだ。

「もちろん、有益な研修であれば、多少の根性試しは必要と思いますが、無益かつ対外的に迷惑な作業を繰り返すだけの研修は無くなるべきと思います」

 実際、繁華街などで新入社員が無意味とも思える名刺交換をさせられている様子を目にすることはいまだにある。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)