『全裸監督』黒木香の許可なし問題に「実話モノは大変…」という制作事情

『全裸監督』黒木香の許可なし問題に「実話モノは大変…」という制作事情

Netflix『全裸監督』

8月8日からNetflixで配信されているドラマ『全裸監督』(全8話)が話題だ。実在のカリスマAV監督・村西とおるを山田孝之が演じ、シーズン2の制作も発表された。

「傑作!」という評価がある同作だが、先月、Webサイト「女子SPA!」で掲載された記事が話題を呼んだ。制作の際に、ドラマに登場する元AV女優・黒木香の同意はあったのかという質問をしたところ、Netflix側は「黒木さんご本人は関与されていません。あくまでも本橋信宏著『全裸監督』という原作に基づいた作品です」と答えたのである。

 これは、コンプライアンスや、個人の権利の重要性が叫ばれる昨今、視聴者からすれば驚きの回答だ。しかし、制作側からは「致し方ない」という意見もある。

◆許可取りの難しさ、わずかな脚色で訴訟まで

「実話の実写化で一番大変なのが許可取りです。名作や大ヒットするであろう題材も、モデルとなった人物ひとりがNGを出すことで、制作がとん挫することもあります」

 そう話すのは、ある映画・映像制作会社に勤めるA氏。彼は今も同時進行で数多くの映像企画に携わっている。

「実際、モデルとなった人物すべての元へおもむいて、許可をもらって制作に至っても、内容に口を出されたり、完成後に『史実と違う』と訴えられたりすることもありました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)