歯の治療費がなくて瞬間接着剤で…“命もカネ次第”の残酷な医療格差

歯の治療費がなくて瞬間接着剤で…“命もカネ次第”の残酷な医療格差

お金がなく、毎月の保険料も滞納していて歯の治療もできない奥村玲奈さん(仮名)

一部の富める者だけが甘い汁にありつき、その他大勢が負け組と化す――。上級/下級国民に分断される不幸を生み出し、日本を覆う「新型格差社会」のリアルを追った。

◆富裕層ご用達、入会金300万の医療サービス

 貧富の格差がもっとも露骨に表れるのは、医療だ。“富める者”が享受する医療サービスの豪華さは目がくらむほどである。

 年商100億円規模のビジネスを展開する実業家の金森重樹さんが読みふけるのは「グランドハイメディック倶楽部」のパンフレット。六本木の東京ミッドタウンにも拠点がある会員制の超高額医療サービスだ。

「入会金は300万円、月会費は5万円ほど。会員は高級ホテルに泊まりながら最先端の機器を使った人間ドックが受けられます。微小なガンや心疾患、脳血管疾患の早期発見の可能性は、普通の人間ドックと比べて雲泥の差があると思います。また、手術が必要な事態になれば名医を紹介してくれる制度もあって、権威へのファストパスのようなものと僕は捉えています。値は張りますが、『地獄の沙汰も金次第』ですね」

 120歳まで生きたい。満面の笑みで語る金森さんは、アンチエイジングにも余念がない。服用しているのは「時間を巻き戻す」効果があるといわれる薬だ。

「メトホルミンといって、老化を防止する作用があります。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)