ラグビーW杯の楽しみ方を『スクール☆ウォーズ』のモデル・大八木淳史が解説

ラグビーW杯の楽しみ方を『スクール☆ウォーズ』のモデル・大八木淳史が解説

大八木淳史氏

4年前、日本中を熱狂させた「世紀の番狂わせ」の再現とはならなかった。

 9月6日、「リポビタンDチャレンジカップ2019」が埼玉・熊谷ラグビー場で行われ、世界ランキング10位の日本は、同5位で’15年のラグビーW杯で歴史的勝利を収めた南アフリカに41−7の大差で完敗した。20日に開幕するW杯に向けた最後のテストマッチ、日本は前半4分にチームのエース、WTB(ウィングスリークォーターバック)の福岡堅樹(27・パナソニック)が右脚を痛めるアクシデントが発生。南アに3トライを許し22点ビハインドで迎えた後半、WTBの松島幸太朗(26・サントリー)が40m独走のトライを返すも力及ばなかった。

「得点のチャンスはつくったが、自分たちのミスで逆にやられた……」

 試合後、代表チームを率いるジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチはこう振り返ったが、本番直前で不安が噴出した格好だ。果たして、我らが“ジョセフJAPAN”は、2週間後に控えたW杯の晴れ舞台で本領を発揮できるのか?

 今回、’87年と’91年の2度のW杯に出場し、日本代表30キャップを誇る大八木淳史氏を直撃。伝説のメガヒットドラマ『スクール☆ウォーズ 〜泣き虫先生の7年戦争〜』(TBS系列で’84〜’85年に放送)のモデルとされる京都・伏見工を卒業後、’18年に急逝した故・平尾誠二さんと共に同志社大学で大学選手権3連覇、神戸製鋼でも’88〜’94年度に日本選手権7連覇を果たすなど、長年日本ラグビー界を牽引してきた「レジェンド」に、「にわかファン」でも堪能できるW杯の楽しみ方を聞いた。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)