N国党記者会見に乱入したお騒がせレスラーを直撃、奇行の真意とは…?

N国党記者会見に乱入したお騒がせレスラーを直撃、奇行の真意とは…?

入江秀忠氏

9月9日に行われたNHKから国民を守る党(N国)・立花孝志党首の記者会見で珍事が勃発した。サングラスをかけた謎のプロレスラーが立花氏に詰め寄り、自身の主催する興行で試合を行うよう一方的に提案したのだ。アピールに対し、「1000万円用意してくれたら考える」とやり過ごす立花氏。だが、プロレスラーのあまりの執拗さに「会見の趣旨と違う! あなたの営業はやめて!」と最後は怒り心頭だった。

 このカオスな会見を見ていた視聴者からは「誰だよ、あのインチキ臭いプロレスラーは?」と疑問の声が続出。マット界の事情に明るいはずの日刊スポーツが「プロレス団体の関係者とみられる男性」と表記するなど、メディアすら困惑気味だった。男の正体は格闘技団体「キングダムエルガイツ」代表・入江秀忠。現在は「超人イリエマン」の名前でリングに上がっているプロレスラー兼格闘家だ。業界内部に精通している関係者が解説する。

「プロレス・格闘技の世界では有名なお騒がせ男です。以前は『ヒクソン・グレイシーと対戦させろ』『PRIDEのリングで試合をさせろ』と執拗にアピールし、署名運動まで展開してきた。最大の特徴はヘビのようにしつこい性格。突拍子もない言動がファンから面白がられると同時に、“関わると面倒くさい選手”と同業者から避けられる傾向がありますね」

◆渦中の本人を直撃!

 今回、日刊SPA!は渦中の入江を都内のジムでキャッチ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)