行った気になる「東京ゲームショウ2019」リポート。靴&スーツ型デバイスがさらに進化

行った気になる「東京ゲームショウ2019」リポート。靴&スーツ型デバイスがさらに進化

スクウェア・エニックスのブースは『FFVII リメイク』がメイン

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

 9月12日(木)〜15日(日)の日程で、今年も秋の風物詩、世界三大ゲーム見本市のひとつ「東京ゲームショウ2019」が幕張メッセで開幕しました。今回は12日のビジネスデイの模様をレポートします。

◆『FFVII リメイク』国内初試遊に行列!

 スクウェア・エニックスブースでは、『ファイナルファンタジーVII リメイク』(PS4/2020年3月発売予定)の主人公クラウドが乗るバイクと巨大剣「バスターソード」がお出迎え。奥には試遊台がズラリと並び、来場者が列を作っていました。実際に試遊してみると、冒頭の映像の美しさに驚愕。当時の3Dポリゴンも最先端でしたが、現世代機のグラフィックはさすがのひとこと。軽いアクション要素が加わった戦闘になっていて、懐かしさよりは、新作を遊んでいるかのような感覚でした。

◆1対4の決死の鬼ごっこ『PROJECT RESISTANCE』

 続いてはカプコンブース。発売されたばかりの『モンスターハンターワールド:アイスボーン』の看板モンスター・イヴェルカーナが睨みを利かすなか、10日にティザー映像が公開された謎のゲーム『PROJECT RESISTANCE(プロジェクト レジスタンス)』(PS4、Xbox One、STEAM/発売日未定)のテストプレイが行われました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)