ユニクロが展開する2万円台のオーダースーツ 見た目は10万円スーツと見劣りなし

ユニクロが展開する2万円台のオーダースーツ 見た目は10万円スーツと見劣りなし

記事まとめ

  • ユニクロが、百貨店が展開するような本気のオーダースーツを展開しているという
  • super110’Sという希少な極細糸を使っており、違いが伝わるのは「光沢」だという
  • 見た目は10万円クラスのスーツに劣らないが、上下合わせても2万円台で揃う

ユニクロの2万円台オーダースーツ、10万円スーツと比べても見劣りなし

ユニクロの2万円台オーダースーツ、10万円スーツと比べても見劣りなし

ストレッチウールジャケット+ストレッチウールパンツ(ユニクロ)price:2万3890円

―[MBのヘビーユース108(心底惚れ込んで愛用しているアイテム)]―

◆20/108 ストレッチウールジャケット+ストレッチウールパンツ(ユニクロ)2万3890円

「ユニクロがオーダースーツを展開している」って知っていますか? それも量販店のような「コスト重視」のスーツではなく、百貨店が展開するような本気のスーツです。

 このスーツ、見た目で一番違いが伝わるのは「光沢」。super110’Sという希少な極細糸を使っており、高級感あるツヤを実現しています。糸が細ければ生地にツヤが出るわけですが、同時に糸は細くしすぎると布地が脆くなる。そのため、高級スーツは頻繁にクリーニングなどのケアをしないとすぐに生地がダメになってしまうのです。

 そこでユニクロは耐久性と高級感の両立を図りsuper110’Sという細糸でツヤはあるけど、耐久性までは損なわれない程よいものをチョイス。さらに「綾織り」という厚手に感じる織り方にして、タフな印象に。見た目は10万円クラスのスーツと比較しても決して見劣りしません。

 肝心のオーダーですが、まずは店舗に行って採寸してもらう必要があります。店舗での採寸後、スマホかPCで注文というちょっと手間のかかるシステムですが、オーダーですから仕方なし。肩幅や身幅に応じてスリムかレギュラーのベースサイズを選び、その後、袖丈と着丈を直してもらうと、通常のオーダースーツと同じように体形にほぼピタリのジャストサイズのスーツを作ることができます。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)