家賃、中古マンションを値切るコツ3つ。80万円ダウンに成功

家賃、中古マンションを値切るコツ3つ。80万円ダウンに成功

家賃、中古マンションを値切るコツ3つ。80万円ダウンに成功の画像

2度にわたって延期されてきた消費増税もついに実施のとき。来る10月に入る前にお得に買い物を済ませるべく、取材班が直接現場に赴き、値切り交渉をしてきた! 今回は住宅。賃貸住宅の家賃と中古マンションを値切ってみた。

◆内覧で交渉材料を探し出して値切る

 生活に関わる大きな出費。それは“家”だ。ちなみにまず、固定費となる賃貸物件の家賃の値切り方は? 住宅ジャーナリストの榊淳司氏は次のように語る。

「@予算を伝えるA内覧の予約をするなど、具体的に話を進めることで、良客だと判断してもらえるようにしましょう」

 そこで「江東区で3LDK、管理費込み家賃18万円3000円」の部屋の内覧を予約。業者選びは次のことがポイントだそう。

「CMをやっているような大手仲介業者より、なるべく中小の業者のほうがいいです。最近では貸主と借主両方から手数料を取っている業者が増えているのですが、広告に莫大な費用を投じている大手と違って、中小店はどちらか片方から手数料を取れれば利益を確保できるため、値下げに応じることができるわけです。

 次に、何より大家さんが最も避けたいのが空室。空室が続いている痕跡を探して交渉してみましょう」

 助言を受けた記者は、内覧開始後、エアコンをチェック。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)