「メルカリで誰も買わないワシの服」老人たちの心の叫び!? シルバー川柳傑作選

「メルカリで誰も買わないワシの服」老人たちの心の叫び!? シルバー川柳傑作選

「メルカリで誰も買わないワシの服」老人たちの心の叫び!? シルバー川柳傑作選の画像

今年も公益社団法人全国有料老人ホーム協会が募集するシルバー川柳の入選作品が発表された。なんとも言えない哀愁が漂う名句が生まれることで有名なシルバー川柳だが、今回は今年入選した20首の中から特に注目の作品を紹介する。

●グレーヘアしたいがすでにハゲ頭(男性・広島県・76歳・無職)

 時代が遅すぎたのか、ハゲるのが早すぎたのか。グレーヘアで話題をさらった近藤サトさんのように素敵な歳の取り方をしたい……。そう思ったころにはグレーどころか、すっかりネイキッドヘアになっていたおじいさんの渾身の一句。

●徘徊のルートAIにも読めず(男性・宮崎県・67歳・会社員)

 近年、将棋のトップ棋士を破るなど、めまぐるしい進歩を遂げているAIだが、徘徊する老人の一歩先を読むにはまだまだ時間がかかりそうだ。

●メルカリで誰も買わないワシの服(女性・島根県・51歳・自営業)

 悲しすぎる。農協の作業服か、使い古したフィッシングベストでも出したのだろうか。落札したらみかん箱に入れられて届きそうだ。

●問診にオレより妻が答えてる(男性・静岡県・68歳・講師)

 サザエさん感がある。

●仲いいねいいえ夫は杖代わり(女性・埼玉県・67歳・無職)

 ツンデレな感じで可愛い。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)