汗をかかない「ゆる副業」集。クレカ大量作成、LINEで占い師デビュー…

汗をかかない「ゆる副業」集。クレカ大量作成、LINEで占い師デビュー…

昨年つくったカードの束。報酬は計3万円ほど

大企業がこぞって解禁し、副業の機運が高まる昨今。さらに老後資金に必要な2000万円のプレッシャーが重くのしかかるも、UberEatsやアパレル転売の行列に並ぶ体力はないし、できれば汗もかきたくない。しかし、世の中にはオンラインをフル活用して楽に荒稼ぎしている猛者たちがいた!

◆無料プラットフォームを最大限利用して稼げ!

 多くの副業成功者を取材した経験を持つ副業評論家の藤木俊明氏は、「隙間時間に少額でも稼ぐクセを掴むには、スキルを切り売りできそうな無料プラットフォームを探して、どんどん登録すべき」と推奨する。

「ネット完結型より、ネットを介しリアルに人とコミュニケーションを取る面倒くささを伴う案件が高報酬の傾向にあります。包丁研ぎからエクセル講座まで、趣味やビジネススキルを対面で教える『ストアカ』がいい例」

 また、新サービスの誕生で思いがけないニッチなニーズに報酬が発生することも。「よじげんスペース」では、飲食店を間借り、間貸ししたい人のどちらかを紹介し成約すると、紹介者と本人に3万円の報酬が支払われる。

「アンバサダーという肩書のいわゆる営業代行ですが、サラリーマンでも食べ歩き飲み歩きが趣味で飲食店オーナーに知り合いが多い人なら、稼げるチャンスがあります」

 他にも旅行が趣味なら「SAGOJO」や「TABICA」など、旅や地域体験の延長に報酬が発生するものも多数。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)