iPhone 11 Pro Maxをレビュー 超広角カメラなど3つのカメラを搭載し、ナイトモードも

iPhone 11 Pro Maxをレビュー 超広角カメラなど3つのカメラを搭載し、ナイトモードも

記事まとめ

  • iPhone 11 Pro Maxは超広角カメラと広角カメラ、望遠カメラの3つを搭載している
  • 画素数は1200万画素で、暗い場所でも明るく撮影できる「ナイトモード」も搭載
  • 「カメラひとつだけとっても別次元のできばえ」とライターはレビューしている

iPhone 11 Pro Maxをさっそく買って使ってみた!一番のウリであるカメラは…

iPhone 11 Pro Maxをさっそく買って使ってみた!一番のウリであるカメラは…

ケースを開けるとこんな感じ。iPhoneの背面が上になって収納されている

―[デジタル四方山話]―

〜第65回〜

 2019年9月20日午前中にiPhone 11 Pro Maxが届いたので、さっそくレビューしてみる。

 9月13日21時から、新しいiPhoneの予約がスタート。筆者はアラームをかけて、スナックのカウンターで同時に予約。無事に、20日の発売日に手にすることができた。購入したのは、「iPhone 11 Pro Max」で、ストレージは256GBモデルにした。カラーはゴールド。新色のミッドナイトグリーンを試すべきだったが、好みで選んでしまった。Apple Storeで購入したので、価格は13万5800円+消費税1万864円となった。

◆まず目に飛び込んできたのは背面カメラ!

 さっそく開封の儀。これまでのiPhoneはディスプレイが上を向いて箱に入っていたが、今回は背面が上になっている。カメラを見せたいためだろう。

 前モデルのiPhone XS Maxとサイズを比べると、W77.8×D158.0×H8.1mmと、0.4mm・0.5mm、0.4mm大きくなっており、重量は18g増えて226Gとなった。なかなかずっしり来る重量だ。ちなみに、充電器はUSB Type-Cの18Wタイプ。もちろん、iPhone側はLightning端子だ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)