台風15号で“自分は社畜”と痛感した人たち「漠然と出社しなきゃと思っていた」

台風15号で“自分は社畜”と痛感した人たち「漠然と出社しなきゃと思っていた」

9月9日の京急鶴見駅。100メートル以上の行列が続く

台風15号が直撃し、JRや私鉄のほとんどが運休やダイヤの大幅な乱れにより首都圏の交通網が麻痺してしまった9月9日。

 あの日、何を思い会社へ行き、そしてどんな仕事をしたというのか。そもそも、会社に行く必要はあったのか……。多くの人が疑問に感じたことだろう。

◆自分が“社畜”だと痛感

「地獄でしたよ。2時間並んで、結局会社についたのは午後2時過ぎ。汗びっしょりになってイライラして。次の日も電車のダイヤが大幅に乱れて、同僚からは『サボれていいね』なんて言われて。さすがに口論になりましたけど」

 千葉県習志野市在住の山中俊哉さん(仮名・37歳)は、テレビで何度も報じられていたJR津田沼駅(千葉県習志野市)ユーザーだ。

「駅南口の再開発エリアの高層マンションを購入したのが半年前です。職場が東京・大手町なので、津田沼からは乗り換えなしで30分ほど。街は新しく便利で、若い人も多く、教育環境も良い。不満はなかったのですが……」(山中さん、以下同)

 JR津田沼駅南口は、再開発によって田んぼや畑だったところに高層マンションが雨後の筍のごとく林立している。当然、人口は数千人単位で増えた。近くの京成津田沼駅も含めて、利用客はうなぎのぼりだが、今回はその弱点を突かれた格好だったという。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)