ビールは大量にあるが食べ物、お茶がない…ラグビー開幕戦日本vsロシア戦顛末記

ビールは大量にあるが食べ物、お茶がない…ラグビー開幕戦日本vsロシア戦顛末記

トライを決めると火が吹き上がる

ついに始まったラグビーワールドカップ日本大会。開幕戦は日本代表がロシア代表を30-10で下し、悲願の決勝トーナメント進出へ大きな一歩を踏み出した。

 記者は東京スタジアム(味の素スタジアム)で行われたこの開幕戦をスタンドで観戦。会場の雰囲気や動線などをリポートしたい。

 開幕戦のキックオフは19:45、その前に開会式のセレモニーが18:30に始まることが決まっていた。サッカーW杯(ブラジル、ロシア)、五輪(リオ)を現地観戦した身としては2時間前にはスタジアムに入ることを“掟”としていたが、いろいろ立て込んでしまって新宿駅を出発したのは18時。

 東京スタジアムへは京王線で最寄りの駅の飛田給まで約25分、試合開催日には特急が臨時に止まり、20分ほどで着くとアナウンスされていた。JRから京王に乗り換える動線となる西口改札には日本とロシアの国旗が描かれた案内看板を持っている駅員や英語で口頭で案内している駅員もおり、外国人にも親切であった。

 無事に京王線特急に乗ったのが18時ちょうど。帰宅の途につく通勤客と赤白のジャージをまとった人、テンションの高い外国人グループなどでラッシュ並みの混雑であった。飛田給駅には5分遅れで到着。その際英語と韓国語、中国語そしてロシア語でもアナウンスが流れたのには驚いた。今後は試合の当該チームに合わせてフランス語やスペイン語などでも行われるのだろうか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)