メガドライブは、なぜ北米で天下を取れた?なぜ『テトリス』を任天堂に奪われた?



 1989年2月、日本で小さなゲームソフト会社を経営していたアメリカ人のヘンク・ロジャース。彼は任天堂の密命を受けてモスクワの空港に降り立ちます。その目的は、西側諸国から来た2人のライバルを出し抜いてソ連政府の秘密組織と直接交渉し、携帯ゲーム機版『テトリス』の権利を得ること。ロジャースはひとまずモスクワで情報収集を始めます……。

 任天堂と、セガが間接的にライセンスを受けていた海千山千の代理人との駆け引き。鉄のカーテンの向こう側から、ソ連発の至宝『テトリス』が西側にもたらされるまでの経緯はまさにスパイ小説のようにスリリングです。

 結果、1989年6月に発売されたゲームボーイ版『テトリス』は大ヒットし、『テトリス』は社会現象にもなりました。もし順当にメガドライブで『テトリス』が発売されていたら、日本でもメガドライブが天下を取っていたかもしれない……。そんな声が今でもささやかれています。

 1983年にファミコンが発売されてから36年。歴史としては短いですが、それでもゲーム史に多くの分岐点があったことがうかがえる2冊。読書の秋にいかがでしょうか。

―[絶対夢中★ゲーム&アプリ週報]―

【卯月鮎】
ゲーム雑誌・アニメ雑誌の編集を経て独立。ゲームの紹介やコラム、書評を中心にフリーで活動している。著作には『はじめてのファミコン〜なつかしゲーム子ども実験室〜』(マイクロマガジン社)がある。ウェブサイト「ディファレンス エンジン」

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)