お金をかけずに英語や中国語を話せるようになる方法はあるか?

つい棒読みになってしまい、抑揚もつけられません。音読を聞いている人がいたら、その人はまったく意味がわからないでしょう。

 音読といっても、ただ声に出せばいいわけではありません。

 誰かに読み聞かせるようなつもりで、声に出して読んでみてください。

 そうすることで、英文の構造に親しめますし、解釈できなかった場合は、英文のどの部分がわかっていないのかが明確になるのです。

 読むのは、自分の興味のあることなどから始めるのをおすすめしています。一番のおすすめは会話文です。

 中学校や高校の英語の教科書には会話文もありますし、NHKの語学講座の多くはダイアローグ形式(会話文形式)になっています。

 ダイアローグは、主にAさんとBさん2名のやりとりの場合が多いです。会話のため、平易かつシンプルに相手に伝わる言葉が多く使われています。書き言葉である難しい単語を覚えるよりもとっつきやすいです(『同時通訳者のカバンの中』147頁)
=====

 この方法を実践してみてください。中国語に関しては、本格的に話せるようになりたいと考えるならば、迷わずに語学学校に通うことです。中国語はイントネーションが難しいのでネイティブの指導を受けずに習得することは不可能と考えたほうがいいでしょう。

関連記事(外部サイト)