「復興の力へ!」ラグビーの聖地・釜石でW杯が開催。食品の持ち込み解禁の影響は…

「復興の力へ!」ラグビーの聖地・釜石でW杯が開催。食品の持ち込み解禁の影響は…

ラグビーW杯のフィジーvsウルグアイ戦が行われた、釜石鵜住居復興スタジアム

ラグビーワールドカップ2019日本大会は25日、岩手県釜石市の鵜住居(うのすまい)復興スタジアムで、1次リーグのフィジー(世界ランク10位)vsウルグアイ(同19位)が行われた。

 釜石市は東北で唯一の開催地に選ばれ、今大会12会場で唯一新設されたスタジアムだ。このスタジアムは’11年3月の東日本大震災の津波で全壊した釜石東中、鵜住居小の跡地に建設され、’18年7月に完成した。’11年3月の津波ではこの地区は死者・行方不明者583人という被害を出したという。

 記者も同地を訪れた。東京から盛岡まで東北新幹線で約2時間半。盛岡からローカル線のJR釜石線と三陸鉄道リアス線を乗り継いで3時間、計6時間弱という“長旅”であった。

 釜石駅に降り立つとまず目に入ったのは駅前にそびえ立つ「日本製鉄釜石製鉄所」。日本最古の製鉄所で70年代の新日鉄時代、ラグビー部は日本選手権7連覇を成し遂げた。まさにここは「ラグビーの聖地」といえる迫力だ。

 釜石駅から朝の連続テレビ小説『あまちゃん』で有名となった三陸鉄道リアス線に乗り、2駅。トンネルを抜け、鵜住居駅につくと様相が一変する。ガランとした空き地にポツポツと建物が立っており、数百メートル向こうにスタジアムが見える。かつては住宅があった場所は多くの空き地と、真新しい建物や建設中の住居があちこちにある。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)