「ネクター=桃の味」と思うのは日本人だけ!知らないとバーで恥をかくその意味は?

不二家のネクターは1964年に誕生しました。このときは缶切りタイプだったのですが、筆者が生まれた1972年にプルトップになりました。

 実はこの「ネクター」、森永製菓の商標なのですが、ネクターを広めるために、他社でもこの商標を使えるようにしました。その際、「ネクター」と名乗るために、果肉を一定以上使うことを規格として決めています。オレンジなら50%以上、桃なら30%以上、バナナなら20%以上でOKといった具合です。辞書にも「果肉をすりつぶした濃い果汁の商品名」のように載っているとおり、ジュースの場合でも、別に桃に限定されていないのです。しかも、本家は森永製菓でした。

 今日のバー巡りで、ネクターを冠するお酒を見つけたら、ぜひチャレンジしてみることをお勧めします。そして、帰りにはコンビニやスーパーで不二家のネクターを買ってみてはいかがでしょうか。飲み足りない場合は、サッポロビールからは「ネクターサワーピーチ」というお酒も発売されているので、探してみましょう。

―[30代が知らないと恥ずかしい! 今さら聞けないお酒のキホン]―

【柳谷智宣】
お酒を毎晩飲むため、20年前にIT・ビジネスライターとしてデビュー。酒好きが高じて、2011年に原価BARをオープン。2年前に海底熟成ウイスキーを扱う「トゥールビヨン」を立ち上げ、現在販売中

前へ 1 2 3

関連記事(外部サイト)