“防大名物”卒業式の「帽子投げ」の後に行われる大事なこと

“防大名物”卒業式の「帽子投げ」の後に行われる大事なこと

「自衛隊宮城地方協力本部@公式ですよ☆」Twitterより

―[自衛隊ができない100のこと/小笠原理恵]―

◆その64 防衛大学校を舞台にした人気コミックがドラマ化

 人気コミック『あおざくら防衛大学校物語』(少年サンデーコミックス・小学館)を原作としたドラマが、10月の終わりからMBSテレビで放映されます。過去にドラマ化された有川浩さんの小説『空飛ぶ広報室』(幻冬舎)では航空自衛隊の広報官が主人公でした。美しいブルーインパルスの飛行訓練場面に「キャアキャア」したことを思い出します。劇中に登場する戦闘機がペン尻に乗ったボールペンを探し歩いて手に入れるほど夢中で観た作品でした。東日本大震災前までは自衛隊員を主人公としたドラマはありませんでしたが、自衛隊の好感度が高くなりドラマやアニメ、映画に自衛隊が描かれることが増えました。
 自衛隊を扱った作品では航空機や戦車、艦艇など迫力のある画像が期待でき、放映前からワクワクしてしまいます。この度ドラマ化される『あおざくら防衛大学校物語』の原作コミックは防衛大学校の学生が主人公のお話しですが、フィクションですから、実際の防衛大学校内とは違う描写も出てきます。そのため、実際の防衛大学校の学校長は一定の評価をしつつも、「事実と異なるところも多く、影響の大きなドラマ化には無条件で賛成ではない」という立場を表明しています。しかし、防衛大学校に似た別の「架空の学校」を扱ったファンタジーとして楽しむといいかなと思います。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)