新品6万2000円のMacBook Airは6年後にいくらで売れた?

新品6万2000円のMacBook Airは6年後にいくらで売れた?

新品6万2000円で買って3万5000円で売却したMacBook Air

―[腕時計投資家・斉藤由貴生]―

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。私はケチなので、お金を使うことにはかなりシビア。モノを買うときは特に「いくらで売れそうか」を気にします。通常、モノを買う場合、その本体価格をみて「高い」か「安い」かを判断しますが、「いくらで売れそうか」ということを考えると、その基準は変わるのです。

 高級腕時計は、1つ数十万円、数百万円といった高級品ですが、私は躊躇せず購入します。なぜなら高級腕時計の価値は下がりづらく、これまでの私の経験でも、買った値段と同額以上で売れたことが多いからです。

 それに対して、家電製品などは、買った値段と同額で売るのは困難。特に、白物家電はそういった傾向があるため、例え1万円の湯沸かし器だったとしても、私は買うということに慎重になります。

 そんな私が、今回お伝えさせていただくのは、パソコンのスマートな買い方についてです。

◆スマホより安くパソコンが買える時代のパソコンの買い方

 最近は、個人でパソコンを持つ人は少なく、スマートフォンやタブレットなどで、その機能を十分補えているという方も多いかもしれません。しかし、私は個人でもパソコンを所有することはメリットが多いと思っており、スマートフォンだけで生活することはできません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)