無断キャンセル客の呆れた実態。「行けません」の一言がなぜ言えない?

無断キャンセル客の呆れた実態。「行けません」の一言がなぜ言えない?

※写真はイメージです

飲食業界にとって、最大の敵ともいわれる無断キャンセル。被害額は年間2000億円ともいわれる巨大な敵に立ち向かう秘策とは……

◆SNSの登場により無断キャンセル客の被害が明るみに

「助けてください…本日18時半からの団体29名様が連絡ないままキャンセルとなってしまいました…もうコース料理も全部ご用意している状態でこのままだと…お料理のみコース、2000円で飲み放題付き3000円でお立ち寄りいただける方いらっしゃいませんでしょうか…」

「【悲報】本日19時半〜の貸切のご予約のお客様が22時を過ぎても誰一人来ない。。。
40名様分のお料理が泣いています。
0時くらいまで片付けながら待っているので、タッパーなり持って引き取りに来てください。勿論お代はいただきません。
心を込めて作った料理や食材様が可哀想。」

「ドタキャン絶対許さない。〇〇小学校の先生、これからこれ全部捨てます。あなた方が軽率な予約をした結果がこれです。人の上に立つ先生がこれは酷いよ。」

 全国各地の飲食店が賑わう週末、ほろ酔いの人々の笑顔とは対照的な悲鳴が、SNS上を駆け抜ける。上のツイートのように、ドタキャン被害に遭った店主の叫びは、もはや日常の光景と言っていい。

◆それでも後を絶たない悪質無断キャンセル客

 大半は「うっかり」とされる無断キャンセル客だが、悪質なケースも少なからずあるようだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)