消費税10%、どこで買うのが一番お得? スマホ決済や値引きキャンペーンで大混戦

消費税10%、どこで買うのが一番お得? スマホ決済や値引きキャンペーンで大混戦

消費税10%、どこで買うのが一番お得? スマホ決済や値引きキャンペーンで大混戦の画像

中国経済にブレーキがかかり、中東リスクもくすぶるなど、世界経済に下振れ圧力が高まるなか、10月1日から消費税率が10%となった。飲食店などでは軽減税率への対応などである程度の混乱も予想されるが、’20年6月まではキャッシュレス決済で最大5%のポイント還元策もあるため、賢く利用すれば、増税前以上にお得な買い物もできそうだ。

 税率を8%に引き上げた’14年の増税は、8兆円を超す負担増が家計に重くのしかかった。当時はアベノミクスの初期段階ということもあり景気に勢いもあったが、今回は明らかに事情が異なる。果たして、税率10%のインパクトは家計にどれほどの影響を及ぼすのか? 第一生命経済研究所首席エコノミストの永濱利廣氏が話す。

「今回の負担額は5.6兆円。軽減税率の導入や子育て世帯への還付など手厚い負担軽減策を同時に実施しているため、家計全体では年平均4.5万円、トータルで2.5兆円ほどの負担で済みそうです。幼児教育無償化などで恩恵を受ける人たちは4分の1、そうでない人たちで2分の1程度のインパクトになる。

 ただ、現在、中東リスクで原油価格が上昇しているため、今後、景気が悪化する可能性が高い。『駆け込み需要』が盛り上がらなかったのもそういった要因からでしょう」

 確かに、駆け込み需要は「限定的」だったようだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)