新・国宝になった日本最古の小学校、行ってみたら“違和感だらけ”だった

新・国宝になった日本最古の小学校、行ってみたら“違和感だらけ”だった

左右の長さがアシンメトリーになっている

長野県松本市の顔として、威風堂々とそびえる国宝・松本城。そのすぐそばに2019年9月30日、「もうひとつの国宝」が誕生した。

 日本最古の小学校「旧開智学校」だ。

◆違和感だらけの建築が見どころ?

 現在の小学校という制度ができたのは明治5年(1872年)に発布された「学制」からで、開智学校はこの時に開校したいくつかの小学校のひとつなので、最古の小学校ということになる。

 しかしそれは単純に「歴史深い」や「ありがたい」というだけでなく「違和感だらけ」の建築であるところが面白い。

 二階建てで両翼の長い造り、白と青が松本の空にもよく映えている。直感的にも美しい建物であることはわかるが、じっと見ていると気がつくことがある。窓の数を数えると、左右の長さがアシンメトリーになっているのだ。

 中央の入り口に配されたモニュメントもまた、違和感が多い。はじめの印象は明治や大正らしい「モダン」な雰囲気だが、よく見るとおかしさが見えてくる。

 立体的に掘られた龍の彫刻は中国を思わせるが、象徴的な天使のモチーフは明らかに西洋の文化が感じられる。それをまとめているのが中央部分が丸く膨らんだ唐破風の屋根で、これは日本の城郭建築に用いられるものだ。洋風とも和風とも中華風ともいえないこの建築は、地元の大工の棟梁であった立石清重による設計で「擬洋風建築」と言われている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)