大坂なおみを世界一に導いた指導者に聞く、日本スポーツ界に蔓延る“根性論”の是非

大坂なおみを世界一に導いた指導者に聞く、日本スポーツ界に蔓延る“根性論”の是非

著書のイベントのために来日したサーシャ氏。紳士的に本誌の質問に答えてくれた

日本の中学・高校の運動部における“根性論”が問題になって久しい。先日も高校野球岩手大会の決勝戦で登板回避した大船渡・佐々木朗希投手の起用法をめぐり、野球評論家や現役アスリートたちも巻き込み大激論となった。このような現状を、海外の一流指導者はどう見るのか。そこで、’17年末に大坂なおみのヘッドコーチに就任し、1年間の指導で全米オープン・全豪オープン連続制覇、世界ランキングNO.1へと導き“世界最優秀コーチ”の称号を得た、サーシャ・バイン氏に直撃した。

――いまだに日本の中学・高校の運動部では、根性を重んじ、しごきや体罰まがいの特訓を強いる指導者もいることを、どう思われますか?

サーシャ・バイン氏(以下、サーシャ):まず私自身の考えとして、一流のアスリートとして成功を目指すならば、誰よりも努力を重ねるハードワークは必要です。でも、同時に合理的でなくてはいけない。どんなにタフな選手でも限界はあり、壊れるか否かの危険状態を私は「レッドゾーン」と呼んでいます。レッドゾーンを敏感に感じ取り、選手はどこまで練習させることができるか、止めさせるべきポイントはどこか、しっかり把握しておく。日本の“根性論”は、そのレッドゾーンを超えている、ということですよね?

――はい、炎天下で水を飲まず練習、怪我をしても試合に出るなど、いまだにあります。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)