ヘンなブランドのシトロエンがつくったフツーっぽいクルマはありなのか?

ヘンなブランドのシトロエンがつくったフツーっぽいクルマはありなのか?

価格は259万円〜。シトロエンオーナーとして、ホイールが16インチと17インチの試乗車を乗り比べたところ、17インチのほうが、よりシトロエンっぽい、ふんわりとした乗り心地。ハイドロじゃなくても十分シトロエンでした

―[道路交通ジャーナリスト清水草一]―

 芸術と革命の国フランスの自動車ブランドといえばルノー、プジョー、そしてシトロエン。なかでもシトロエンは昔からディープなカーマニアに愛されるヘンなブランドでしたが、いつの間にかドイツ車のようなフツーっぽいクルマを作るようになってました! 一部ではマニア度が薄れたという声も聞かれますが、当欄のシトロエン軍団はどう評価するんでしょうか?

MJブロンディ改め永福ランプ=文 Text by Shimizu Souichi
池之平昌信=写真 Photographs by Ikenohira Masanobu

◆日本人好みのヘンな乗り物シトロエンを買えるシアワセ

永福:SPA!モテないカーマニア軍団のうち、我ら2名は栄えあるシトロエンオーナーである!

担当K:ええ、まあ。

永福:シトロエンは、カーマニアにとって極北のブランドの一つ。誇るべき勲章だな!

K:僕のはわりと新しいモデルなんで、それほどでもないです……。

永福:キミは最後のハイドロ系サスを搭載した栄光のモデル・C5のオーナーじゃないか!

K:最後のハイドロって言葉にひかれて飛びつきましたけど、とってもフツーに安心して乗れるクルマで、マニアックな感じはないですね。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)