財務省が望むとおり増税した安倍内閣が「一強」である不幸/倉山満

財務省が望むとおり増税した安倍内閣が「一強」である不幸/倉山満

消費税の引き上げが実施された10月1日、首相官邸で取材を受ける安倍晋三首相。消費税が10%となった意義は永遠に理解できぬまま、我々は増税で混乱し続けなくてはならないのだろうか(写真/時事通信社)

―[言論ストロングスタイル]―

◆財務省は、「増税省」と名前を変えた方が良いかもしれない

 10月1日。中華人民共和国の建国記念日に合わせて、とうとう消費増税10%が断行された。誰だ? こんなバカな増税をしたのは? しかし、更なる地獄の訪れは、これからだ。安心するには、まだ早すぎる。

 デフレ脱却もできていないのに、消費増税。バカとスパイの所業である。やらされた安倍晋三首相は前者だが、財務省は後者だ。

 今後、日本はどうなるのか? 考えても意味はない。財務省は10%では飽き足らず、「最低でも20%」が合言葉だと怪気炎を上げていると聞く。従順な国民に味を占めたのだ。

 だから、「どうなるか?」を考えても意味はない。「どうするか!」を考えなければならない。このまま唯々諾々と、死ぬまで無限大に増税されるのか。それとも、自分の運命を切り開くか。解は、増税により日本人を苦しめる勢力を打倒するしかないだろう。

 ならば、敵の正体を知り、倒す方法を考えねばならない。

 まず、デフレ下の増税を推進するのは誰か。財務省である。この連中は、「増税省」と名前を変えた方が良いかもしれないほど、病的なまでに増税を推進している。ただ、彼らを「経済学のイロハもわからぬ学力不足」「病気」「外国の手先」と罵るのは簡単だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)