競走馬のセリで馬主は具体的にどんなことをやっているのか?

競走馬のセリで馬主は具体的にどんなことをやっているのか?

競走馬のセリで馬主は具体的にどんなことをやっているのか?の画像

―[馬主あらいちゅ〜の占いで馬買ってみた]―

<第3回>

 馬主で占い師のあらいちゅー(@araicuu)です! 前回の記事では2018年のサマーセール前の様子と※レポジトリ(※医療情報)の閲覧についてなどをご紹介しました。今回はいよいよ、実際に私が初めて競走馬を落札したセリ場での戦いをレポートです!

◆現物を見てみる

 予算も合うし、レポジトリも問題なし。となったら、いよいよ実馬を見に行きます。セリ会場の隣に厩舎エリアがあるので、そこに出向いて牧場のスタッフさんに馬を出してもらいます。朝の時間帯は外の庭で比較展示をやっているのです。

 といっても、私のようなド素人新人馬主が実馬を見たところで何一つわかりません。冗談抜きで、脚が4本あるからオッケー程度のことしか読み取れません。素人が1歳馬を見て、デビュー時の完成形を予想するなんて無理に決まってるわけです。

 そんなわけで、レポジトリに続いて、これまた誰かに見てもらいます。新人馬主は信用できる人に丸投げするのが仕事です!!!

 私の場合、浦河の某牧場さんにご紹介いただいた、川崎競馬場の佐藤紀博師に馬体と歩様を見てもらいました。

「このサウスヴィグラスはどうでしょう」
「いいんじゃないでしょうか。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)